■カテゴリー
■Amazon検索

■ブログ内検索

■プロフィール

Mali

Author:Mali
ここはMaliが日々書き留めておきたいことを記録するサイトです。

■メールはこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東南アジアブックス タイの文学 その後
タイに移り住んで5年余り。日本からかなりの私物を運び込んでおり、中でも頑張って持ち込んできたのは本。タイを去っていく日本人から譲り受けたものも含め、2つの書棚がいっぱいになってきた。けれど、昨年は通算6ヶ月は日本にいたし、引越しもはさんで落ち着かず、まだ一向に読みきれていない。置いていくのは後ろ髪引かれる思い、なんて大袈裟かな。

雨季のタイでは、本がひどく湿気る。ロイエット時代は、本棚の最下段が浸水したこともあったし、乾季の赤土の細かい埃がひどく、閉口した。そういうことを考えると、本当に好きな本、大切に思う本は日本に持ち帰るほうがよさそうだが、重量の関係で今回は諦める。

井村文化事業社刊の東南アジアブックス「タイの文学」は、絶版になっているものもあり、ネット古書店で元値より高く購入したものもある、「東北タイの子」「タイ民衆生活誌」など。他にも「農村開発顛末記」「王朝四代記」など、読み物としても資料としても貴重な本だ。半分は日本に置いてきているが、今手元にある7冊も、やはりいつか日本に持ち帰りたい。そうそう、このシリーズで、未だ手に入らず残念なのは、冨田竹二郎訳「タイ国古典文学名作選」。図書館で読んだきり、筋も朧になってきているが、タイにいると、あぁあの話かしら・・と思いあたることがあり、参照したり再読したい物語が詰まっている。冨田先生の名調子がまたいいのだ。帰国して時間があったら、また図書館から借り出そうか。


ここまで書いて、ふと、以前にもこんなこと書いていた・・と気付き、過去の記事を参照したら、ありました(^^ゞ 昨年2月にも、同じようなタイトルで書いていましたね。あのときに欲しがっていた本のうち、「東北タイの子」と「タイ民衆生活誌(2)」はその後手に入ったのでした。自分がラッキーであることを再確認、ありがたいことです。

スポンサーサイト
読書 | 23:24:58
今日はまずまず爽やか
暑季に入って、スコールが・・と先日書いたが、毎日降っているわけではない。
今日は朝から爽やかで、カラッとした天気。日差しはブラウスの生地を通して刺すように暑く、まぶしいが、汗はすぐに引く。掃除をしても、アイロンかけをしても、炒め物をしても、大汗はかかないで済んでいる。気温はというと、午後3時の時点で34.8度ある(^^ゞ

来週は日本だ!20度は差があるのではないかしら・・耐えられるかしら・・・毎年3月に一時帰国しているが、空気が冷たすぎると感じて呼吸が出来ないのよね(>_<)

フルーツゼリーケーキ

写真は、Nuiさんが作ってきてくれた涼しげなフルーツゼリーケーキ。
でも、この暑さ、ゼラチンで作っては溶けてしまう、寒天仕様だ。


トランの日々 | 17:55:33
生茶のコマーシャル
タイのテレビコマーシャルには、髪がつやつやに、お肌が真っ白に、と、「それはあまりにも大袈裟でしょう!」というような効果を喧伝するものもあるが、ストーリー性があって楽しめるものもある。ストーリー性はなくても、かわいくまとまった下記のコマーシャルは、今私のお気に入り。

タイのおもしろCM集というサイトの2月1日のページで見ることが出来ます。
緑茶(キリ○生茶)のコマーシャル。

なぜか日本の教室でタイ語を勉強中のパンダたち。
最初の文章は
「ポム・ペン・ペンダー・マー・チャーク・イープン」
(僕は日本から来たパンダです)
パンダはタイ語では、「(ミー・)ペンダー(ダーが上がり調子)」
なんだか訛ってるように聞こえるけど、なかなか調子がよい、先生と生徒たち。
みんなうまく言えたから、タイに行くよーという感じで、生徒みんな喜ぶ。

かわいいから文句のつけようはないけれど、なぜ日本でパンダなのかしら?

タイの緑茶飲料は、もれなく甘いです。緑茶はカラダにいいと言っても、こんなに甘くてはよくないわよ、と思うけれど仕方がない。このコマーシャルのは、お茶の国からやってきているし、甘くても(甘い飲み物として)美味しく感じます。暑さの中、疲れて喉が渇いているときにいいですよ。それでもやはり、甘くない冷たい緑茶も飲みたいので、時々自分で作って冷蔵庫に入れています。

タイ | 17:14:08
暑季の始まり
午後4時、スコール!

2月の初めにイサーンで寒くて長袖を着込んでいたのが嘘のような最近の暑さ。日中は33℃、いよいよ暑季突入だ。
そして、きのうも今日も夕方にスコール。
3月になるともっと暑くなり、4月はさらに暑くなる。
幸い、私はその期間は一時帰国だが、残念なのは大好きなマンゴーの季節にいられないこと。

今はまだ2月。西瓜とみかんの季節だ。一年中出回っている果物とはいえ、乾季が一番美味しい。

写真は、近所で建設中の家。バケツリレーでセメントを上に上げて流し込んでいる。この撮影の直後にスコール!さすがにスコール対処は素早い。すでに全員下りて避難していた。セメントを流し込んだところは、ちゃんと蓋をしてあるのかな・・あるわね、もちろん。
construction.jpg




トランの日々 | 18:27:36
爆竹の音で・・
今朝は爆竹の音で目が覚めた。
朝6時ごろから9時までの間に、近所中の家々で単発的に爆竹が炸裂!
もうもうと煙がたちこめ、犬は吠えるし、人々もやぁやぁと賑やか。
どうしてこう、中国正月は騒々しいのだろう。けれど、からっとしている。しかもここは暑いし、どうも日本的感覚の正月という雰囲気とは程遠い。
正確に言えば、正月は明日で、今日は大晦日。夕方、食事に招かれている。中国正月のご馳走、楽しみだわ!(^^)!

トランの日々 | 11:41:47
時計塔
真っ赤に化粧された時計塔、夜は一段と映えます。
春節の時計塔



トランの日々 | 23:06:15
バレンタインデー
トランのパクメンビーチでは毎年この日に「海中結婚式」が行なわれる。今年で11回目だそうだ。今日は73組が水深12mの海中で入籍したそうだ。写真を見ると、水中マスクとウェットスーツに身を包んだカップル、表情がよくわからない、幸せ笑顔に決まっているけれど!(^^)!
道理で、昨日トラン一のホテルに大勢の人がいたり警官が(のんびり)警護していたりしていたわ・・・ホテルでは、花嫁衣裳姿も見られたのかもしれない。

ところで、タイでは、愛する人・親しい人に贈る物は深紅のバラ。男女どちらが贈るかは関係なし。女性が男性にチョコレートを贈る日本とはずいぶん違うものだ。どちらも、外来のイベントなのにおもしろい。学校では、生徒から贈り物の他に、ペタペタとハートのシールを服に貼られたりする。1個1バーツもしないハート型の飴は、手軽に渡せて「義理」に都合がいい。この日のバラは、枯れないようにする薬漬けだから、間違っても鼻をくっつけて匂いをかいだりしないようにと、以前、他の先生から言われた^^; 明日になると、そのバラも投売りされるのだろう。

トランの日々 | 22:06:56
真っ赤になった時計塔
もうすぐ中華正月、春節だ。
トランの駅前をまっすぐ上がっていく道路の先に白い時計塔が建っているが、今それは真っ赤になっている。真っ赤な布で覆われて、そばに真っ赤な張りぼての門や舞台が作られているようだ。出来上がったら写真に撮ってみようと思う。
西暦の暮れ正月は、全くと言っていいほど何も大きな行事の無かったトランだが、どうやら春節は派手になりそうだ。さすが、中華系都市。
16日には通行止めにして、店も出るそうだから楽しみ!

トランの日々 | 21:41:08

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。