■カテゴリー
■Amazon検索

■ブログ内検索

■プロフィール

Mali

Author:Mali
ここはMaliが日々書き留めておきたいことを記録するサイトです。

■メールはこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
晴れ
晴れた空
見上げると真っ青で雲ひとつ無い空。

これはタイの空ですが、日本の、実家のある神奈川県の天気も、この1月は晴れの日がとても多いようですね。

友達から頂いたカレンダーの表紙の裏が、年間晴雨表になっているので、ネットから情報を得て、天気を記録しておこうと思い立ちました。

Yahoo!天気で、過去の天気を見ることが出来るので、晴雨の他、最高気温最低気温も記録しています。
晴雨表は、すべて○が並んでいて、快晴が○、晴れは○に縦1本線、曇りは◎、雨は●です。快晴と晴れの区別が面倒なので、「過去の天気」で晴れマークになっていれば、○のままにしておくと、今月はほとんど書き込む必要がないほど、晴れ続きなんですねー

ちなみに、上記のページからのリンクで、昨年のを見ることができるのですが、昨年1月は、曇りがとても多いのです。

タイにいながら故郷の天気を知って記録できるって、ネットは便利ですね。

スポンサーサイト
未分類 | 16:03:08
凧揚げの季節
プラチュアップキリカンの海辺の凧揚げ。
海辺の凧揚げ
パラグライダー型の凧は両手で操作していた。うまく風に乗ると、パラグライダーのように飛ばすことが出来るようだ。手前の青い凧の方が上手で、遠くの黄色いのは苦戦していた。


タイ | 21:26:44
春節準備中
トラン中心部は中華系の人々が繁栄させたということで、トランの春節(中国正月)は、一年で最も盛り上がるイベントです。10月頃のキンチェーというベジタリアン祭りも派手ですが、その時に開けている店でさえ、春節では閉めて家族で正月を祝うのです。
昨年は、王姉殿下ご逝去のために、祝賀行事はすべて自粛。家族で正月を祝うにしても、赤い服を身につける人はほとんどいず、拍子抜けしたものです。
その反動もあってか、今年の準備はあちこちで精出して行われています。今年の元日は、1月26日。トランでの行事は、24日~26日だそうです。
時計台の垂れ幕
垂れ幕は堂々と、タイ語と中国語です。
(たまたまですが、中央にさしかかるオートバイの人は警官です。)
この東側には、提灯がたくさん吊るされていました。
提灯

県庁舎の下に

まだまだ準備中ですね。
私は、中華系の町としてのトランでは、こういう赤い飾りや絵や漢字ではなく、やはり食べ物に惹かれます。
トランのヤワラー(バンコクの中華街の通り)と呼んでいる店で、クイチャップ(くるくるっと巻いた米麺のざく切りのようなもので、五香粉など中華風の味付けの汁に、カリカリ揚げ豚や内臓の入ったもの)は美味しいですよ!具がたっぷりで、普通のが30バーツ、特別の葉35バーツ。写真は35バーツの方、100円です。
クイチャップ

いつも、チャー・マナオ(タイのレモンティー)30円も一緒に頼みます。タイの紅茶は赤いのです。
チャー・マナオ


トランの日々 | 21:44:00
落ち葉の季節
乾季は文字通り、空気が乾いていて晴れの日が続きます。
また、風の強いのが特徴で、凧揚げのシーズンでもあるのですが、風が吹くと枯れ葉が舞い落ちて、南国であることを忘れさせる季節でもあります。

落ち葉

見事な真っ赤に染まる葉は、フー・クワーン(鹿の耳)という樹の葉です。
枝を四方に水平に差し出して、下から一段、二段、三段・・・と数えられるような形になりますが、大きくなりすぎると、もう上の方は水平に四方に伸ばすことなど忘れたかのようになってしまいますが。
トランの公園の池のほとりのこの樹は、斜めに立っている上に、途中で二股に分かれてしまって、本来の特徴から逸脱してますね(^^ゞ
フークワーン

その樹も、見上げるとこんなふうに紅葉しています。
紅葉した鹿の耳



そして・・

乾季の青い空に一番美しく照り映えるのは、ブーゲンビリアです。家々の軒にしだれかかるように咲く成長したものは本当に見事ですが、公園ではきれいに刈り込まれてちょっとおとなしい・・
遠くの方の桃紫色がそれです。公園にて

下の写真のブーゲンビリアは、数色が混じって咲いています。
色とりどりのブーゲンビリア
鮮やかに咲くブーゲンビリアの写真は、ホームページの花の章でご覧になってくださいね。


さて、公園の一角にはバラの植え込みもありました。
温帯の花が見られるのはこの季節ならではです。
赤いバラ

トランの日々 | 21:24:49
ガザに飛んだ医師
私がお正月を過ごしたりタイに戻ってきたりしている間も戦火の絶えないガザ地区。
そこに入って医療活動をしている桑山紀彦医師の通信が載っていると、あるコミュニティサイトの友人の日記で知り、読んだので、こちらでも紹介。
http://blog.e-stageone.org/
何も出来ず、関心を持つだけですが、一日も早く停戦になって平穏が訪れますように。
と、書いても難しいだろうと思うばかりですが・・・

未分類 | 21:07:41
51日ぶりのタイ
11月、スワンナプーム空港をPADに占拠される直前に出国して一時帰国、暮れ正月を楽しく過ごしました。ひどい風邪も引かず、どうにか寒さをやり過ごして戻ってきたタイ。もっと暑いかと思いましたが、昨夜はエアコンを止めて寝たのに、薄い布団をかけて寝てちょうどいいくらいの涼しさでした。今朝も快適。もっとも、すでに日差しは強く、日中は暑くなりそう・・・

バンコクからは、この不況下に一人勝ちしている格安航空エア・アジアでクラビへ飛んできました。

エアアジアで

17:05発でしたから、すでに日は西の空。夕方の海岸線を撮ろうと思っていましたが、霞や雲がかかって眼下の景色はうまく撮れませんでした。

まぶしく光って・・

今日、トランに移動します。

続きを読む >>
タイ | 07:48:43
カチカチ山
河口湖へ行ったのは(通過を除けば)、45年ぶりのこと。
当時もロープウェイで上った天井山は、今はカチカチ山と呼ばれていました。

カチカチ山

尻に火のついたタヌキがあちちあちち!と駆け下りたのがこの天井山なのだそうです。
ですから、ロープウェイもこんなふう・・・

カチカチ山ロープウェイ

ホテルをチェックアウトしてロープウェイ口まで送ってもらい、朝一番9時半の便で上の天井山公園に上ることが出来ました。

素晴らしい眺めです!
カチカチ山から

きれいな笠雲がかかっていました。午後は雨かな・・・

富士山の芸術
富士の芸術
美しい横顔が埋め込まれていますね。

満足して下りてきて、12時のバスで河口湖をあとにしました。
その頃にはもう、雲がかかって山頂を拝むことは出来なくなっていました。
帰路のバスより



日本にて | 23:06:15
冬の河口湖へ
思い立って両親と河口湖へ。
横浜駅西口から河口湖駅行きの高速バスが出ていて、片道2時間半、ひとり2000円です。川口湖畔の北岸に建つ風のテラスKUKUNA(旧河口湖第一ホテル)に1泊しました。9回の展望風呂から真正面に富士山が望めると謳っていたので期待して行きました!何しろ、6日も7日も晴れという天気予報なのです!

ところが、到着すると・・・
到着日午後
まあ、午後はこんなものでしょう・・・・と明日に期待をかけます。

温泉に浸かって温まり、早寝して朝は5時半には起きて、9階の露天風呂でまだ明けぬ空の富士の輪郭をたどってみました。

6時22分、日の出前。嫌な雲が西からやってくるではありませんか!
6時22分

6時34分。お願い、その雲、かからないで!!!
6時34分

7時2分。おおー、日の出の時に数分間だけ見られるという赤富士現象が始まる・・雲よ、かからないでね!
7時2分

7時8分。雲がうっすらピンク色・・・美しい。これも風情があるわ・・
7時8分

7時13分。明るくなりました。ピンク色も薄くなってきました。
7時13分

安心して朝食のビュッフェ会場へ。たっぷり食べている間に雲が切れて、富士山がくっきりと見えました。食事に夢中の私はカメラは手に取らず・・・(^^ゞ

8時29分。9階の風のテラスより富士を望んで・・
8時29分

このときは、逆さ富士が最もくっきりと撮れました。
逆さ富士

お正月は晴天が続きましたが、晴天過ぎても湖面が輝き、また、風があっても湖面が波立ち、逆さ富士は今日のような微妙な天候が最適だったとのことで、まことにラッキーでした。

テラスでバシャバシャ撮影していた私は、すっかり体が冷えてしまって、では、もうひと風呂!と、9階の露天風呂で、逆さ富士を楽しみながらゆったりと浸かるのでした。
至極のひととき・・
ガラス越しに、湯煙の向こうの富士山を。
露天風呂から


日本にて | 20:39:54

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。